天体観測するなら星座をおぼえよう【季節の代表的星座】

天体観測するなら星座をおぼえよう

目標天体を探したり望遠鏡のアライメントなど、星座と1等星の知識は天体観測に必要です。おぼえるべき季節の代表的星座と1等星について語ります。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

天体観測には星座の知識が必要になりますよ

最近はスマート望遠鏡など特に星座の知識がなくても問題ないようです。しかしこのブログはコストをかけない天体観測と多少のオタク的な傾向を目指しています。

趣味が天体観測である限り多少の天文知識は持っていたほうが便利です。ひとに聞かれたときに1等星の名前とか有名な星座くらいは答えられたほうがカッコいいではないですか。

本当の天文オタクからみたら、鼻で笑われるかもしれませんが最低限の知識を持ちましょう。あるとないとでは実際に天体観測するときに効率が違います。

星座は空の暗いところで観察するのが一番ですね。3等星くらいが見えないと星座の形を見つけるのが難しくなります。

望遠鏡のアライメントには星名が必要です【1等星は必須】

これから天体観測を始めるには自動導入は架台の種類にかかわらず必ず必要です。

架台には経緯台と赤道儀があります。経緯台は軽いうえにセッティングも容易で初心者におすすめです。

赤道儀は追尾精度が高く本格的な天体写真にむいています。しかし重たいうえにセッティングは時間がかかります。

どちらも自動導入と自動追尾の機能がついたものが主力商品で販売されています。この自動機能にはかならずアライメントという作業が必要です。

望遠鏡が現在どの方向を向いているのかを認識させる作業です。そのときに基準星を記憶させるのですが、星名の知識が必要になります。

星座盤とか星座アプリがあればそのつど確認しながらでもできますが、最初から知っていれば時間の無駄になりません。

最低限でも1等星はすべておぼえたほうが何かと便利ですよ。

アライメントを素早く終わらせるには星座と星名(最低1等星)の知識があったほうが便利です。

DSOは星雲、星団、銀河のことを指します

星座アプリで日にちと時間設定をしたら夜空を見ましょう。東西南北と天頂をまず意識してください。

天頂とは自分の頭の真上に当たります。星座アプリでだいたいの方向にある代表的な星座を見るようにしてください。

大事なことは1等星が含まれた星座を選ぶことです。まずは1等星が含まれた星座をすべておぼえましょう。

星座には大きすぎたり形が意味不明で覚えにくいのがけっこうあります。1等星の位置と名前を覚えるだけで充分です。

オールシーズン見えます。こぐま座北極星

こぐま座北極星周辺には目立つ星はありません。2等星ですが目立ちます。基準にすることが多いのでおぼえておくと便利です。星座は小さな柄杓の形をしています。

あまり明るい星ではないので光害の影響は強くうけます。都会では意外と見つけるのが難しいかもです。

秋の代表的星座 1等星が少ないので寂しいです

秋は1等星を持つ星座が少ないのですが基準になる星座をおぼえましょう。おぼえると便利ですよ。

  • みなみのうお座:1等星フォマルハウト。南空の低いところにある星座です。地味な星座ですがまわりに明るい星がないのですぐに見つかります。星座の形を覚えなくてもフォマルハウトだけ覚えてください。
  • ペガサス座:1等星はありません。大きな星座です。2等星でできた4角形は覚えやすいです。ペガサスの形状をイメージするのは難しいですね。
  • アンドロメダ座:1等星はありません。ペガサス座につながっています。同じような等級の星が4個ゆるいカーブを描きながら連なっています。これも覚えやすい星座です。ここにアンドロメダ星雲があります。バカでかい大きな銀河ですが望遠鏡で見ても見えるのはごく一部です。
  • 北の空にはカシオペア座です。Wの形をした星座です。ペガサス座から探しても見つけやすいです。もちろん北極星の小さな柄杓から探すのもありです。

ズバリ!アンドロメダ銀河は電子観望の格好のターゲット。電子観望で見ると大きさを実感できます。さんかく座M33も頑張れば見つけられます。この銀河も大きいですよ。満月どころではありません!

冬の代表的星座 にぎやかな星座と1等星であふれてます

たくさんの1等星とおぼえやすい星座がテンコ盛りです。

  • オリオン座1等星:リゲルとベテルギュース。一番見やすい高さに南中してくれます、覚えやすい三ツ星とそれを囲む四つの星。1等星は青いリゲルと赤いベテルギュース。勇者の形もイメージしやすいですよ。
  • おうし座1等星:アルデバラン。アルデバランからはじまるV字でおぼえましょう。ここが牛の頭です。オリオンに向かう獰猛な牡牛が思い浮かびませんか。
  • おおいぬ座抜群に明るい1等星:シリウス。ほかの1等星を寄せつけない鋭いひかりです。オリオン座のすぐ左下に青白く光を放っています。なんとなく犬っぽく見えると思いますが‥
  • こいぬ座1等星:プロキオン。オリオン座のすぐ左で輝いています。形状をイメージできる星座ではありません。
  • ふたご座1等星:ポルックス。カストルは2等星ですが1等星に匹敵する明るさですし、ポルックスと並んで見えるのでわかりやすい星座です。
  • ぎょしゃ座1等星はカペラ。北天にあります。オレンジに輝くカペラがかなり明るく目立つ星です。御者の形はわかりません。

オリオン星雲は電子観望をしなくてもすぐに見つけられます。電子観望すると天体写真で見る姿がそのまま画面に映し出されます。3センチの双眼鏡で充分わかります。星雲のなかでは断トツの明るさです。

春の代表的星座 少し地味な星座と1等星です

秋と同じで派手な目立った星座は少ないです。1等星は3個あります必ずおぼえましょう。電子観望で銀河を狙うには最高のシーズンです。

春は銀河祭りです。しっかりおぼえてDSOサーフィンに挑戦しましょう。

  • しし座1等星:レグリス。1等星とはいえあまり明るくないのですが周りに明るい星がないので、すぐにわかります。星座の形が獅子をイメージしやすいです。
  • おとめ座1等星:スピカ。星の配列がどうして乙女なのかわかりませんが、とにかく覚えてください。このあたりは銀河が密集している地域です。DSO(銀河、星雲、星団)サーフィンするためにも気合でおぼえましょう。
  • うしかい座1等星:アルクトゥルス。かなりオレンジの明るい1等星で目立ってます。牛飼いがどんなカッコの人かわからないので何とも言えません。
  • おおくま座北天にあります。1等星はありませんが北斗七星だけはおぼえましょう。メシエ銀河のメジャーなのがこの近辺にたくさんあります。北斗七星をアライメントに使うと導入精度も上がります。おぼえて後悔しない星座です。

春の夜空には銀河がいっぱいあります。小さな望遠鏡でも電子観望をすればその存在はもちろん構造も確認することのできる銀河があります。それもけっこうな数があるので追いかけていると寝不足になります。

夏の代表的な星座

大量の1等星と派手な星座でおぼえがいのある季節です。天の川にかかるさそり座といて座は見やすくて何時間でも見ていられます。

  • さそり座1等星:アンタレス。赤く光る1等星です。少し暗いほうですが赤色ですぐにわかります。星座の形も、まさしくサソリをイメージさせてくれます。
  • いて座1等星はありません。さそり座のすぐ左で南斗六星がひしゃくの形でわかります。この辺りは夏の散光星雲と球状星団が大量です。天の川のいちばん明るいところです。
  • こと座1等星ベガ。ベガはかなり明るく目立つ1等星です。夏の大三角の基準になるのでおぼえましょう。
  • はくちょう座1等星:デネブ。おおきな十字を作っています。いちどおぼえたら忘れられない形をしています。
  • わし座1等星:アルタイル。ベガとデネブにくらべて低い位置にある1等星です。夏の大三角をイメージするとすぐに見当つきます。

球状星団、散光星雲、惑星状星雲を電子観望で楽しめます。

最低限の星座を知れば大丈夫

四季の星座はこれくらいおぼえれば充分です。アライメントに必要な最低限ですが、あとは星座アプリの力を借りて乗り切りましょう。

1等星がわかればなんとかなります。

アライメントを全部1等星だけにすると、見たい天体の遠くの星でアライメントをすることになって導入精度が悪くなることがあります。

2個のアライメント星のうち1個は2等星にすれば目標天体の近くにアライメント星を置けます。

星座の形はさまざまでなまえから連想できる姿をイメージできるものと、まったく理解できなものがありますので、おぼえやすいものだけ星座の形をおぼえましょう。

なかには「かんむり座」のように小さくて目立たない星座ながら、名称そのもののかたちをしている星座でいちどおぼえたら忘れられないものもあります。

夜空を見あげて星座の勉強も楽しいですよ。これをおぼえると電子観望の効率があがります。

星座にちなんだギリシャ神話がたくさんあります。この機会に古代のファンタジーも楽しまれたらどうでしょう。

天体望遠鏡に関しての記事はこちらからです
CMOSカメラに関しての記事はこちらです
スカイウォッチャー New BKB130+AZ-Go2 自動導入式経緯台 ※自動導入・自動追尾 スマホアダプター付スマートフォンで撮影 :SW1080040037N:双眼鏡と望遠鏡の店 シュミット - 通販 - Yahoo!ショッピング
放物面鏡を採用した本格的なニュートン式反射望遠鏡です。彗星や天の川に散らばる星雲や星団を低倍率で観測するのに最適です。鏡筒にはアリガタプレートが装備されていますので、同規格の他の架台でも使用可能です。
Player One Ceres-C (ケレスC)プラネタリーカメラ :POA0016:双眼鏡と望遠鏡の店 シュミット - 通販 - Yahoo!ショッピング
PlayerOneCeres-Cは、IMX224センサーを搭載したエントリークラスのガイディングカメラです。USB3.0搭載で画像の高速転送に対応しているため、通常のオートガイドに加えて、電子ファインダーやプラネタリーイメージング用途でも使用可能です。
Player One Uranus-C (ウラヌスC)IMX585搭載カラーUSB3.0 CMOSカメラ :POA0035:双眼鏡と望遠鏡の店 シュミット - 通販 - Yahoo!ショッピング
PlayerOneUranus-Cは、IMX585センサーを搭載したCMOSカメラです。アンプグローを抑制するノンアンプグロー機能を採用しており、電視観望にも最適です。