天文趣味は望遠鏡だけじゃない、こんな観測方法もあるぞ!

天体観測のやり方

これから趣味で天体観測をはじめる方に知ってほしい望遠鏡を使うだけじゃない、いろいろな観測方法を紹介します。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

Player One Ceres-C (ケレスC)プラネタリーカメラ :POA0016:双眼鏡と望遠鏡の店 シュミット - 通販 - Yahoo!ショッピング
PlayerOneCeres-Cは、IMX224センサーを搭載したエントリークラスのガイディングカメラです。USB3.0搭載で画像の高速転送に対応しているため、通常のオートガイドに加えて、電子ファインダーやプラネタリーイメージング用途でも使用可能です。
Player One Uranus-C (ウラヌスC)IMX585搭載カラーUSB3.0 CMOSカメラ :POA0035:双眼鏡と望遠鏡の店 シュミット - 通販 - Yahoo!ショッピング
PlayerOneUranus-Cは、IMX585センサーを搭載したCMOSカメラです。アンプグローを抑制するノンアンプグロー機能を採用しており、電視観望にも最適です。

望遠鏡がなくても天体観測はできます

天体観測をするには必ず望遠鏡が必要だと思われているようですがそんなことはありません。

望遠鏡がなくてもできる天体観測もあります。裸眼でもできる、そんな観測方法を紹介します。

宇宙や星に興味を持たれたのであれば望遠鏡を購入する前に自分の目で天体を楽しみましょう。

望遠鏡なしでもできる観測方法のリスト

望遠鏡を使わない裸眼による天体観測にはこんな対象があります。

  1. 星座と星名を覚える
  2. 惑星を覚えて運航を観測する
  3. 流星群の観測
  4. 変光星の観測

1.星座と星名を覚える【望遠鏡のアライメントに必要になります】

日本中が光害だらけのなかで星座をおぼえるのは案外大変かもしれませんが趣味のスタートにはぜひ星座にトライしてください。

日本から見える星座をすべて覚えなくても代表的な星座だけでも頭に入れると便利ですよ。天体のだいたいの場所は星座で案内します。位置を掴むのには星座の知識がいります。

季節によって代表的な星座があるのでそこから覚えましょう。そして1等星は見つけやすい大事な目印です。赤道儀や経緯台を使う時はアライメントに1等星を使います。おぼえて損はありません。

ステラグラス 【眼視観測をサポート】

裸眼にかけて使用するメガネです。メガネの上からかけることもできます。星空をよりはっきり見せてくれるメガネです。

ステラグラス

代表的な星座と1等星【セットでおぼえると早いですよ】

季節の代表的な星座をあげてます。このあたりを覚えておくとなにかと便利です。なかには形を掴みづらい星座もあります。

反対にこれ以外にも覚えやすい形の星座があります。星の並びで星座をおぼえていくのも楽しい観測です。

星座名と星座の形が結びついてイメージしやすいものばかりではありません。基本は1等星を覚えればアライメントの役に立ちます。

オールシーズン出ている北極星【こぐま座】

こぐま座北極星周辺には目立つ星はありません。2等星ですが目立ちます。基準にすることが多いのでおぼえておくと便利です。星座はちいさな柄杓の形をしています。

春の星座

しし座1等星レグリス1等星とはいえあまり明るくないのですが周りに明るい星がないので、すぐにわかります。星座の形が獅子をイメージしやすいです。
おとめ座1等星スピカどうして乙女の形なのかわかりませんが、とにかく覚えてください。このあたりは銀河が密集している地域です。DSOサーフィンするためにも気合でおぼえましょう。
うしかい座1等星アルクトゥルスかなり明るいオレンジ色の1等星で目立ってます。
おおくま座北天にあります1等星はありませんが北斗七星だけはおぼえましょう。メシエ銀河のメジャーなのがこの近辺にたくさんあります。北斗七星をアライメントに使うと導入精度も上がります。おぼえて後悔しない星座です。星座のかたちは大きすぎてイメージを掴むのは難しいかな‥

夏の星座【天の川のいちばん明るい部分です。感動の美しさ!】

さそり座1等星アンタレス赤く光る1等星です。少し暗いほうですが赤色ですぐにわかります。星座の形も、まさしくサソリをイメージさせてくれます。
いて座1等星ありませんさそり座のすぐ左で南斗六星がひしゃくの形でわかります。この辺りは夏の散光星雲と球状星団が大量です。天の川のいちばん明るいところです。
こと座1等星
ベガ
ベガはかなり明るく目立つ1等星です。夏の大三角の基準になるのでおぼえましょう。
はくちょう座1等星デネブおおきな十字を作っています。いちどおぼえたら忘れられない形をしています。
わし座1等星
アルタイル
ベガとデネブにくらべて低い位置にある1等星です。夏の大三角をイメージするとすぐに見当つきます。

秋の星座

みなみのうお座1等星フォマルハウト南空の低いところにある星座です。地味な星座ですがまわりに明るい星がないのですぐに見つかります。
ペガサス座1等星はありません2等星でできた4角形が覚えやすいです。
アンドロメダ座1等星はありませんペガサス座につながっています。同じような等級の星が4個連なっています。これも覚えやすい星座です。
北の空にはカシオペア座ですペガサス座から探しても見つけやすいです。もちろん北極星から小さな柄杓を探すのもありです。

冬の星座

オリオン座一番見やすい高さに南中してくれます1等星は2個覚えやすい三ツ星とそれを囲む四つの星。1等星は青いリゲルと赤いベテルギュース。勇者の形もイメージしやすいですよ。
おうし座1等星はアルデバランアルデバランからはじまるV字でおぼえましょう。ここが牛の頭です。オリオンに向かう獰猛な牡牛が思い浮かびませんか。
おおいぬ座抜群に明るい1等星シリウスほかの1等星を寄せつけない鋭いひかりです。オリオン座のすぐ左下を観察してください。
こいぬ座1等星プロキオンオリオン座のすぐ左で輝いています。
ふたご座1等星ポルックスカストルは2等星ですが1等星に匹敵する明るさですし、ポルックスに並んで見えるのでわかりやすい星座です。
ぎょしゃ座1等星はカペラ北天にあります。オレンジに輝くカペラがかなり明るく目立つ星です。

2.惑星を覚えて運行を観測する【天王星、海王星は裸眼で見えません】

惑星はかなり明るい星が多いので肉眼で確認するのはそれほど難しくありません。しかし位置は少しづつではありますが変わっていく天体です。

星座をおぼえたら惑星も覚えましょう。星座のなかで惑星がどの位置にあるかを観測しましょう。少しづつ位置を変えていくのですが奇妙な動きをすることがあります。

木星や土星は毎日見ていてもほとんど位置の変化はわかりませんが少しづつ動いています。位置を記録しておけば移動していることが確認できます。

水星と金星は内惑星になります

惑星とは太陽の周りをまわっている衛星です。水星と金星は地球の内側を公転している内惑星です。

内惑星の水星と金星は地球から見ると太陽の近くに見えます。そのため夜中に見ることはできません。日没後か日昇前だけ観測することができます。

しかも公転の速度が速いために位置の変化がかなり激しいものに見えます。日々見える位置が変わっていくことがわかります。

金星は全天でいちばん明るく輝く星です。月を除けば圧倒的な明るさですぐにわかる星です。水星は太陽に近く見えるチャンスは少ない星です。1等星ではありますが空がまだ明るい時間に見える星なので見る機会が少ないでしょう。

火星、木星、土星は外惑星になります

地球の外側を公転している火星、木星、土星【天王星、海王星】は外惑星になります。

火星は2年2か月ごとに地球に接近します。そのあいだに等級の変化が激しい星です。さらに赤く輝いてかなり目立ちます。

木星は安定して明るい星です。土星はそこまで明るく輝いていません。それでも1等級はあるのですぐにわかると思います。

奇妙な動き【逆行】の観測

通常はすべての惑星は西から東に少しづつ動いていきますが、東から西に逆戻りするように動く時期があります。それが逆行です。

めずらしい現象なのでぜひご自分の目で確認してください。古代から不思議な現象として注目され占星術に影響を与えているようです。

日常では意識することのない運動です。古代人を非常に悩ませてきた動きでこれを説明するために高度で複雑な理論を提唱していました。

流星群の観測

流れ星はいつでも見ることができますが決まった時期に決まったところから出る流星群があります。

観測するには裸眼で流れていく星を追いかけていきます。双眼鏡も望遠鏡も使いません。

流星の出る位置によって星座名がつけられています。代表的なものに以下の流星群があります。

流星群名流星出現期間(注1)極大(注2)極大時の
ZHR(注3)
極大時1時間
あたりの流星数
(注4)
しぶんぎ座流星群12月28日 -1月12日1月4日頃12045
4月こと座流星群4月16日 – 4月25日4月22日頃1810
みずがめ座η(エータ)流星群4月19日 – 5月28日5月6日頃405
みずがめ座δ(デルタ)南流星群7月12日 – 8月23日7月30日頃163
ペルセウス座流星群7月17日 – 8月24日8月13日頃10040
10月りゅう座流星群
(ジャコビニ流星群)
10月6日 – 10月10日10月8日頃205
おうし座南流星群9月10日 – 11月20日10月10日頃52
オリオン座流星群10月2日 – 11月7日10月21日頃155
おうし座北流星群10月20日 – 12月10日11月12日頃52
しし座流星群11月6日 – 11月30日11月18日頃155
ふたご座流星群12月4日 – 12月17日12月14日頃12045
出典 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台
  • 注1:一般的な出現期間。この期間なら必ず流星が見られるということではなく、非常に流星数が少ない時期も含む。IMO(International Meteor Organization)のデータより。
  • 注2:一般的な極大日。年によって前後1~2日程度移動することがある。なお、流星群によっては、極大日が毎年必ずしも一定でなく、年により数日から数十日ずれるものもある。IMOのデータより。
  • 注3:極大時に放射点が天頂にあり6.5等の星まで見える空で観察した場合、という理想的な条件に換算した1時間あたりの流星出現数。
  • 注4:日本付近で、極大時に十分暗い空(薄明や月の影響がなく、5.5等の星まで見える空)で観察したときに予想される1時間あたりの流星数。 街明かりの中で見たり、極大ではない時期に観察したりした場合には、数分の1以下となることがある。

流星観測の方法

観測時間は最低でも15分くらいは必要です。観測姿勢は重要です。椅子に座ったり寝そべった安定した姿勢を確保してください。

次の4項目に注意して観測しましょう。

  1. 活動が活発な流星群が極大の時刻前後
  2. 放射点が高い
  3. 月明かりがない
  4. 人工の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所

変光星の観測

変光星は明るさが変化する星のことです。大まかに爆発型変光星、脈動変光星、回転変光星、激変星、食変光星(食連星)、X線変光星の6種類に分類されます。

有名な変光星にはミラとアルゴルがあります。星を同定できれば肉眼でも変化を実感できる変光星です。

くじら座ミラ2.0~10.1等級の変化を332日の周期で変化します。
ペルセウス座アルゴル2.1~3.4等級の変化を68時間49分の周期で変化します。

肉眼で観測できる変光星を紹介しました。変光星は無数に確認されています。

自分の目で触れる宇宙の不思議

宇宙は不思議のイメージは誰もが持っていると思いますが少しかじっただけでも本当に不思議な世界だと感じると思います。

それは宇宙の現象、形状、スケールすべてにおいて言えるのではないでしょうか。

天体観測を趣味にするとそんな宇宙の不思議にもっと触れることができます。

肉眼で楽しむための天体観測用グッズ

ステラグラス【星空をはっきり見るためのメガネ】

ステラグラス

双眼鏡【星空を楽しむには双眼鏡がいちばん】